ジェネリック医薬品であるエフペシアの副作用について

エフペシアはプロペシアのジェネリック医薬品であり、最近では人気を集めています。
人気の秘密は色々ありますが、このジェネリック医薬品は個人輸入代行業者から簡単に購入することが出来るので、わざわざ病院に行く必要がないからです。
またジェネリック医薬品はプロペシアと比較して値段が非常にリーズナブルであり、値段の安さからジェネリック医薬品のエフペシアを使っている人が多いようです。

ジェネリック医薬品もプロペシアも同じフィナステリドという有効成分でありますし、入っている用量も同じであるため、どちらも男性型脱毛症の治療に効果的だとされています。
そして他のジェネリック医薬品だとキリンイエローというコーティング剤が使われていることがありますが、エフペシアはキリンイエローが不使用であるため、安心して使うことが出来るのも人気の一つです。

このように、なぜ人気のジェネリック医薬品であるのかが分かると思いますが、もし医薬品を使用するのであればしっかりと副作用について理解をして欲しいものです。
例えば育毛に効果的だとされている医薬品のミノキシジルを飲めば動悸や多毛症などの副作用が生じることがありますので、もし医薬品を使用するのならしっかりと副作用を理解してから医薬品を使うようにしましょう。
さて、エフペシアの有効成分はフィナステリドですが、このフィナステリドを飲むことによって全体の5%以下の人が様々な副作用を訴えることがあるそうです。

もちろんこの副作用には個人差があるため程度は様々ですが、副作用の程度が低くて副作用の症状に気づかない人もいるようです。
医薬品を使用すると初期脱毛が起こるのですが、この初期脱毛は医薬品を服用して1ヶ月後ぐらいに生じます。
その後は徐々に脱毛の症状がおさまり、それから医薬品を使い続けることによって髪のボリュームが増えていくわけですが、注意することは医薬品を使い続けることです。
なぜなら初期脱毛の症状に驚いて医薬品の使用を中止してしまう方がいるので、もし使用を中止してしまえば薄毛を改善することが出来ません。
医薬品を使って増毛効果を体感したいのであれば、最低でも医薬品を3ヶ月以上は使い続ける必要があります。

そして、その他の副作用は性欲の減退が報告されています。
医薬品を使用すると性欲が衰えてしまったり、勃起不全や精子の減少があるといわれていますが、しかしフィナステリドはテストステロンに働きかけるものではないため、理論上はこれらの副作用は起こらないとされています。

もし医薬品を服用して性欲の減退を感じるのであれば、それはフィナステリドではなく他の原因が考えられます。
また、「医薬品を使って性行為をした後に生まれてくる子供に悪影響が出るのでは」という声がありますが、医薬品を使って今までに精子の奇形や胎児への悪影響の報告は一切無いので心配する必要はありません。

そしてエフペシアを使用すると、副作用によって体調不良を訴える事がありますが、もし症状が酷いのであれば医薬品の使用を中止して、医師から話を聞くようにしましょう。

Comments are closed.