安価に購入できるフィナステリド

AGAで悩んでいる男性のなかにはフィナステリドという成分が配合されている医薬品を服用していることが多いです。
その代表的なものがプロペシアです。
テレビCMなどで広く宣伝されているため、知っている人も少なくありません。

しかし、プロペシアには高い効果がある一方で一つ欠点があります。
それは公的の医療保険が利用することができないことです。
命には別状のない薄毛であるため、医療保険が使えないと言うのは当然のことです。

保険が適応外ということは、つまり全額自己負担となっていまします。
その金銭的な負担がとても大きいのがプロペシアの欠点でした。
その欠点を濃く付しているフィナステリドの医薬品があります。
それはエフペシアと呼ばれるものです。
そもそもがプロペシアのジェネリック医薬品であり、膨大な開発費のコストが価格に上乗せされていないません。
そのため、非常に安価に購入することができます。
その価格はプロペシアの10分の1くらいとされています。
現在の健康保険の自己負担率はすでに2割3割は当たり前の時代となりました。
つまり、もしもプロペシアに健康保険が適応したとしても、エフペシアのほうが安いと言うことです。
決して侮ることのできない差額です。
もちろん、いくら安くても効果がなければ「安物買いの銭失い」となって意味がありません。

その点でもエフペシアは大丈夫です。
というのも、ジェネリック医薬品とは有効成分とその用量が同じように製造されているからです。
つまり、プロペシアと同じように利用すれば、ほとんど同じ効果を得ることができます。
すでに利用している男性の多くがプロペシアと同じような効果を実感しています。
また、フィンペシアという医薬品もあります⇒フィンペシアの副作用(参考サイト)

ただし注意するべきことがあります。
それはどちらにも製品によってフィナステリドの用量が違うことです。
利用するときはこの用量に合わせておく必要があるため、購入するときはどのくらいの用量なのかきちんとチェックしておく必要があります。
また有効成分が同じと言うことで、気になる副作用もほとんど同じです。
プロペシアを利用していて何ら問題がないというなら、安全である可能性は非常に高いと言うことになります。
そういった点からも安心して利用している男性は決して少なくありません。

このようにエフペシアはプロペシアと同じような効果がありながら、価格は10分の1となっています。
そのためプロペシアを服用していて、コストがネックとなって利用を諦めた人、不満を抱いている人はこのジェネリック医薬品に切り替えることを検討するべきです。
そもそもフィナステリドは毎日服用することによってAGAに効果を及ぼすものです。
すでに数ヶ月、数年と利用している男性は決して少なくありません。
AGAを予防しようとするのならば、ずっと服用し続けなければならないのです。

エフペシアにするかプロペシアにするかで生涯におけるAGA治療薬の購入費が桁違いの差として現れてきます。

Comments are closed.